お花のお仕事についてお話してきました〜。

2013年02月14日
カテゴリ:

先日豊見城小学校にて、「職業人講話」の講師依頼があり、
お花屋さんについて話させて頂く機会がありました。

私を含め様々な職業の講師が5人
パティシェさん・印刷屋さん・パソコン屋さん・お笑い芸人のこきざみインディアンさん
職業別に生徒さん5クラスに分けて各教室にて始まりました。

私のクラスは女子14人、男子2人と圧倒的に女子が多かったです。
5.6校時、休み時間なしの(100分)の持ち時間。

講話20分!

花屋さんになったきっかけや、辛いこと、やりがいなどについて話しました。
人前でしゃべるの苦手な私はとっても緊張しました(汗)。
ちょっと表情が硬い〜。

長かった講話も終わり!ワークショップタイム80分!

生徒さんには花屋さんになりきってもらいました。
それで、オーダーをとってもらい贈る相手を想定して花を選択し作成。

一志先生をイメージしたアレンジメント。↓
メッセージカードもお花に添えて☆
まっすぐな先生だからと子供たちなりにお花の茎に工夫を凝らし、一生懸命作ってました。


別の教室では、
こきざみインディアンさんの講話楽しそっ♪
講話が終了しサイン会が始まりました。
サインをもらう子供達の長蛇の列が廊下まで!
凄い人気です☆

それを一緒に見ていた子供達との会話
生徒
「お花の先生もサイン欲しいの〜?」

「欲しい〜」
生徒
「お花の先生も並んだんらいいさ〜」

「大人が恥ずかしくて並べないよ〜」
                 などなど・・・



すると、帰り際二人組の女の子が、
「お花の先生〜」って大きな声で叫び!
サインをもらった紙を、私にプレゼントしてくれた。

100分間しか一緒に過ごしていない私に。
”感激”ちょっとウルっとしました。

並んで、サインをもらって来てくれ
駆けつけて渡してくれた、その行為がとても嬉しくて
ポカポカ暖かい気持ちになって帰りました。

ありがとう☆


講話が終了してホッとした瞬間。

真ん中)プール・ブーのパティシエの源河さん
写真左)いろは総合印刷の兼島さん
写真右)まーりー


豊見城小学校の5年生の子供達先生方と触れ合うことができて、
とても楽しい時間を過ごしました。
大変お世話になりました。m(_ _)m
ありがとうございます。

前« 「おきなわ花と食のフェスティバル」にてデモのアシスタント | 花屋になったきっかけを »次
スマホ版トップページ